江東区 夜勤専従看護師

高齢者看護に興味がありますか?ケアマネの資格や仕事に興味がありますか?


私が老健で働き始めたのは、子育てと仕事を両立させる為です。
元々病院で働いた経験しかなくて、はっきり言って、高齢者看護には全く興味を持っていませんでした。
子育てと仕事を両立させる為には、子育てに理解がある職場、そして、
子育てを中心とした働き方ができる環境の職場を選ぶ必要があります。
老健であれば、生活するのに困らない収入を得る事ができ、連休が取りやすく、休み希望も通りやすいし、
残業がほとんどありません。
老健での職場環境は、私が希望する条件に一番近かったので、ここで働く事を選択しました。

 

しかし、不思議なもので、高齢者介護に全く興味がなかった私が、老健で働いているうちに、
高齢者看護に対する興味がどんどん湧いてきたんです。
老健は、病院のようにバタバタした雰囲気がなく、一日がゆっくり過ぎていくような感じです。
利用者が健康を維持しながら生活している場所なので、医療行為もあまり必要としていません。
当初は、少し物足りない感じがしたんですが、利用者と関わり、楽しく生活してもらえる事を考えていくうちに、
やり甲斐を感じるようになったんです。

 

介護施設で働いている方は、スキルアップの為に、ケアマネの資格を取る方が沢山います。
しかし、正看護師がケアマネの資格を取っても、ケアマネの資格手当が安く、給料に加算されるわけではないので、
あまりメリットがありません。

 

私は、ケアマネの資格には興味がありませんが、それよりも、利用者に寄り添って、
よりよい看護をする事のほうが興味があります。
ケアマネの仕事に就いてしまうと、医療から離れてしまうような気もしています。
看護師として、やはり医療に携わっていたいと思っています。
医療面も含んだ高齢者看護をしていきたいと思っています。

検診業務の1日の流れ

私は、検診車で指定の検診会場に出向く検診の仕事をしています。
集合場所は、事業所だったり、他の場所だったり、会場によって異なります。
検診の仕事は朝が早いので、私は、自宅から近い集合場所の仕事を選んでいます。

 

検診会場に着いたら、検診車から必要な機材などをおろします。
検診で使う機材というのは、結構沢山あるので、体力を使いますよ。
検診会場が、駐車場の近くだとかなり助かるんですが、会場が2階だったり、建物の奥の方にあったりすると、
荷物を運ぶのに苦労しますね。
必要な機材をおろしたら、各担当毎に検診の準備を行います。
看護師は、問診、血圧測定、採血が主な仕事なので、血圧計に問題がないか確認したり、
採血するスペースに必要な物を並べます。

 

検診というのは、午前中にかなり混み合うんです。
だから、検診が始まると同時に長蛇の列ができるんです。
まずは受付、そして、尿検査、身長や体重の測定、問診、血圧測定、といった感じで、流れ作業のように進んで行きます。
でも、たとえ混み合ったとしても、時間内に検診ができる人数のみ事前に受け付けているので、
予定通りに午前中の仕事は終了します。

 

午前の仕事が終わると、2時間の昼休憩があります。
検診会場の都合によって、休憩時間が1時間だけの時もあるんですけど、まるまる休む事ができます。
ただ、午前と午後の検診会場が異なる場合は、移動の為に多少バタバタしてしまいます。
午後の検診は人数が少ないので、残業になる事はまずありません。
検診が終わって、事業所に戻ったら、使用した機材を洗ったり、後片付けをして、一日の仕事が終わります。
検診の仕事は、遅くても16〜17時に帰る事ができるので、プライベートを重視したい方にはお勧めの仕事です。

看護師は体育会系の職場!新人の頃は先輩のいう事が全て。理不尽な事で怒られても、大変な仕事ばかり任されても、3年も我慢すれば必ず良い看護師に成長出来る!

看護師の職場は、女性が中心なだけに、独特な世界がありますよね。

 

上下関係がすごく厳しいし、挨拶や言葉遣いにも気を使うし、まさに体育会系の職場です。

 

男性社会の体育会系だったら、さっぱりしていると思うんですけど、女性の場合は、かなりドロドロしていますよ。

 

新人看護師の時には、毎日泣きたくなるような事ばかりありましたね。

 

看護師は、患者さんの命や健康を預かる仕事ですから、失敗なんて許されません。

 

だから、新人の指導はすごく厳しいんです。

 

新しい技術を身につける為に、プリセプターに指導してもらいながら仕事をするんですけど、質問に答えられなかったりすると、宿題を出されたりして、大変です。

 

看護師の世界は人間関係にも厳しいですよね。

 

イジメや派閥がある職場は、今でも沢山ありますよ。

 

一度、先輩のターゲットになってしまうと、やたら注意されたり、キツイ仕事ばかり任されたり、でも、どんなに理不尽な事をされても、新人のウチは先輩に逆らう事はできないんですよね。

 

どんなに辛くても、ひたすら我慢するしかないんです。

 

このように、新人の時期がかなり辛いので、せっかく看護師として働き始めたのに、すぐに退職してしまう方が少なくないんです。

 

仕事を覚えるだけでも大変なのに、それに加えて人間関係の問題もあったら、かなり大変ですよね。

 

でも、そんな辛い思いをするのも、新人の時だけなんですよ。

 

厳しい指導に絶えて、先輩の言う事を聞いて、緊張しながら毎日仕事を頑張っていれば、そんな苦しい時期の終わりがやってくるんです。

 

そうですね、3年もすれば、苦しかった時期がいい思い出になって、立派な看護師に成長する事ができます。

 

だから、どんなに大変でも、挫折しないで看護師の仕事を続けて貰いたいですよね。